スタイリッシュ・エンジェル > 肥満について > 睡眠不足は肥満のモト!?

睡眠不足は肥満のモト!?

美容室で女性週刊誌を眺めていると、5時間以下の睡眠時間しかとらない人は
太りやすいという記事を目にしました。本当なのでしょうか?

調べてみました。


睡眠不足だとホントに太るの?

7〜9時間眠るヒトに比べると、4時間以下しか眠らないヒトは、なんと73%も肥満になりやすいという発表がありました。ちなみに5時間程度でも50%、6時間でも23%それぞれ太りやすいという結果でした。(コロンビア大、対象1万8000人、32〜59歳)

原因としては、起きていることによる消費カロリー以上に、つい食べてしまうことが多いのが太る原因ではないかという推論でした。

そしてコレは延々先祖までさかのぼって、人間が食物の多い夏に栄養を蓄えていた時代の名残では?(=夏は夜が短いので睡眠時間が少ない。睡眠時間の少ないヒトは夏と同じ状態に体がなっているので太りやすいのでは?)ということまで推論されていました。

レプチン=食欲抑制ホルモン

レプチンやグレリンという物質をご存知ですか?

レプチンは10年くらい前に発見された物質で、脂肪組織で産生されます。食欲を抑制する働きがあるホルモンといわれています。主に脳の視床下部の満腹中枢に働いて『お腹いっぱい!』という感覚を起こさせると言われています。

反対にグレリンは5年位前に発見された物質で、胃から産生されます。(ちなみに発見者は日本人の方です)食欲を亢進する働きがあるといわれています。

睡眠不足だと食欲刺激ホルモンが増えて食欲抑制ホルモンが減る!

『睡眠不足が肥満を招くかも!』というお話の原因になりそうな発表がありました。『睡眠時間が減ると食欲抑制物質レプチンが減って食欲亢進物質グレリンが増えるからではないか』という内容です。

一つはスタンフォード大の発表で、5時間眠る人は8時間眠る人に比べて、なんと、血中の食欲刺激物質グレリンが14.9%も多く、食欲抑制物質レプチンの量は15.5%も少ないことがわかりました。
コレはちなみに性別、食事習慣にも全く関係がないほどはっきりした差だったそうです。(対象約1000人、30〜60歳)

また睡眠時間8時間未満の人に限る(全体の75%)と、睡眠時間が短いほど肥満度がアップしてしまうこともわかりました。

似たようなお話になりますが、シカゴ大のチームの発表では2晩連続で4時間しか寝ないと、10時間寝た場合にくらべて、グレリンが増えてレプチンが減っていることがわかりました。

そして具体的にはお菓子などの甘いものやチップスやナッツなどの塩っ辛いもの、そしてパンやパスタなどの炭水化物もほしがる傾向があったとのことです。(対象 20代男性12人)もしかして夜更かしするとラーメンやアイスが食べたくなるのはこの辺が原因かもしれませんね。

睡眠不足になればなるほど太ってしまうことは確かなようです。睡眠をしっかりとるのはなかなか難しいところもありますが、できるだけ気をつけたいものですね。

(All About 女性の健康より抜粋)


寝る子は育つ。寝ない子は太る。

気をつけなくては。。。

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3