スタイリッシュ・エンジェル > アンチエイジング > 本格的視覚改善トレーニング【パワフルビジョン】

本格的視覚改善トレーニング【パワフルビジョン】

パワフルビジョン【新日本速読研究会】

あの有名選手も使っているビジョントレーニング!

楽しくトレーニング ができます!

今まで使っていなかった眼の機能にビックリ驚いて下さい。

パワフルビジョン

【体験談】

乱視を克服することで、頭痛や肩こりにもサヨナラ

目のせいで体調の不調が続いていたなんて、トレーニングをやってみてやっとわかった

神奈川県 小嶋 加奈子さん (仮名) 40歳・主婦

乱視は、角膜などがバスケットボールのように球面ではなく、むしろフットボールのように、カーブの強さの異なる面をもっているために起こります。 近視や遠視と一緒になって起こることもあります。
そのゆがみのために網膜上にも、他のどこにも鮮明な像が結ばれない状態なので、遠くも近くもはっきりと焦点が合いません。 シリンダー(円柱)レンズというレンズの力を借りて、正確な像を網膜上に結ばせる必要があります。



小嶋さんは、そういった意味で典型的な乱視でした。 ひとつの物体を見るのに、両方の眼がバランスよくはたらかないため、眼のストレスもそうとうなものだったのでしょう。 そうしたことがいくつも重なり、結果的に、頭痛や肩こり、自律神経のバランスをくずすことになったものと思われます。
視力の低下には、さまざまな原因が考えられますが、環境が大きく影響していることは否めません。 私たちをとりこかこむ"目の環境"は悪化する一方です。 このままいったら、子供たちから高齢者にいたるまで、多くに人が、生涯にわたって眼のトラブルで苦しまなければならなくなるという状況です。
乱視は医学的に治らないものとされています。 しかし、トレーニングを続けることで近視や遠視を取り除くだけでも、視力はかなり回復します。

そこで小嶋さんには主に両眼でバランスよく見る能力を高めるビジョントレーニングを根気よく行ってもらいました。
小嶋さんの懸命な努力のかいあって、半年ほどで体調の不調がウソのように消えたということです。 以来、小嶋さんはずっとトレーニングを続けています。 乱視の回復は難しく、完全とはいきませんが、それなりに改善したことは喜ばしいことです。


眼は、私たちを取り巻く世界とを結ぶ、いわば「架け橋」です。 人間の情報収集の80%以上が眼に依存している以上、私たちの日々の行動や成果は「見る」ことに大きく影響を受けます。
もともと、視力に問題があって生まれてくるケースは数パーセントにすぎません。

そのあなたの大切な眼を守るには、あなたの努力が必要なのです。 私たちが、ものを「見る」ということは、テレビのスイッチを入れるように、ただ単に眼を開けていれば成しうることではなく、また視力さえよければ、本当に「見えている」とはいえないのです。
私たちはこの事実を、きちんと知っておかなければなりません。


スポーツ選手も使っている視覚トレーニングパワフルビジョン
是非この機会に試してみて今後の生活に役に立ててください。

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3