スタイリッシュ・エンジェル > 肥満について > なまけていても太りにくい体質づくりのコツ

なまけていても太りにくい体質づくりのコツ

ゴロ寝してても痩せられないかなあ〜。
そんな願望を抱いてしまうこと、ありますよね。
でも理論的には不可能ではないのです。

正確に言えば、ゴロゴロしていてもエネルギーを多く消費する体質になること。
そのためには、基礎代謝量を増やすのがポイントです。

ここで注目なのが、クエン酸。梅干しやレモンの酸味のもとになる成分です。
私たちの体の細胞の中にあるミトコンドリアこそ、食物をエネルギーに変える工場。
そこでは「クエン酸回路」と名づけられた現象が、常に生じています。

簡単に表現すれば、クエン酸を利用して、糖質や脂肪を分解しエネルギーを取り出すシステム。
だからクエン酸が不足すると、食べたものがエネルギーに変わりにくい、基礎代謝が低い、
結果として痩せにくい体質に。

普段から積極的にレモンや梅干しを食べるようにして、クエン酸回路を効率的に働かせるように
しましょう。

もちろん、適度な運動をプラスしたほうがベターなのですがね。


健康知識より

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3