スタイリッシュ・エンジェル > 婦人科系の病気 > 【婦人科系の病気】乳がんのこと知っていますか?

【婦人科系の病気】乳がんのこと知っていますか?

増えている乳がん 女性の30人に1人が乳がんに

女性の“30人に1人”が乳がんにかかっていること、知っていますか?

かつては欧米に比べて日本には少ないがんといわれていましたが、最近急速に増えているのです。何と、20年前と比べて、死亡率、死亡者数ともに4倍に増えています。


乳がんの発生には、女性ホルモン(エストロゲン)が関係しています。

乳がんの原因として、食生活の欧米化(高たんぱく質、高脂肪、高エネルギー)やライフスタイルの変化(結婚や出産の高年齢化、出生率の低下)などの影響が大きいといわれています。


早期発見・早期治療が重要

乳がんは、内臓にできる他のがんとは違い、からだの表面近くにできるため、しこりに気づくことで、自分で発見できる唯一のがんです。

そして、乳がんは早期発見・早期治療による効果が非常に高いがんです。しこりの小さい段階で発見・治療ができれば、5年生存率は95%以上になっています。


気づいたときには、転移している危険も!

乳がんは、自分で発見できる唯一のがんですが、乳房の変化に気づかずにいると、がん細胞がリンパ管を通って全身(骨、肺、肝、脳など)へと遠隔転移し、命を落としてしまう、こわい病気でもあります。


乳がん以外にもある乳房の病気

乳がんは、乳腺に発生する悪性の腫瘍のこと。乳腺は、乳汁を分泌する大切な役割があります。
乳房には、乳がんだけでなく、他にもさまざまな病気があります。これらは、乳がんと同じ症状がみられることが多いので、鑑別が大切です。

まちがえやすい乳がん以外の乳房の病気

乳腺症
30歳代〜40歳代に多くみられます。月経前のホルモンのバランスの変化が影響しています。乳腺の良性の異常でもっとも多くみられます。

乳腺炎
授乳期によくみられ、母乳が溜まりすぎて起こります。乳房に痛みや発赤、熱をもちます。

乳腺線維腺腫
10代後半〜30歳代の若い世代に多く、硬くコリコリとしたしこりができる。


乳がんになりやすい人とは?

乳がんになりやすい女性は、下記の通り。とくに、40歳代の患者数が多いのが特徴です。

乳がんになりやすい人の特徴

・40歳以上
・子どもがいない、少ない
・初産年齢が30歳以上
・初潮年齢が低い
・閉経年齢が遅い
・肥満度が20%以上である
・高タンパク、高脂肪の食事をしている
・乳腺疾患にかかったことがある
・血縁者に乳がんになった人がいる


asahi.com健康より


以前の記事でも書きましたが、少しでも疑わしいと思ったら、外科もしくは乳腺科の
お医者様に行ってくださいね。

そんなにこわいものではありません。

検査して何でもないことの方が多いのです。

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3