スタイリッシュ・エンジェル > 婦人科系の病気 > 婦人科系の病気【卵管炎】

婦人科系の病気【卵管炎】

急な高熱、下腹部の激しい痛み、おりものの増量、不正出血、

吐き気、おう吐、冷や汗が出る。

上記のような症状がみられたら卵管炎かも知れません。

卵管は女性の性器の中でも炎症を起こしやすい器官です。卵管に細菌などが感染して起こる炎症が卵管炎です。膣から始まった感染による炎症が、膣炎から子宮頸管炎へ、子宮内膜炎へと連続的に及び、卵管にまで達して起こることが多い疾患です。

一方、周囲の臓器の感染が卵管に及んで卵管炎となることもあります。いずれの場合も、卵管だけが感染していることはあまりなく、卵管のすぐそばにある卵巣や骨盤腹膜にも炎症が及ぶことが多く、その場合は子宮付属器炎と呼びます。

卵管炎の原因となるのは、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌やクラミジアなどです。淋菌や結核菌の感染から起こることもあります。早期に発見して適切な抗生物質を使用すれば、完全に治すことができます。

疑わしい症状があるのでしたら、婦人科もしくは産婦人科で診てもらいましょう。

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3