スタイリッシュ・エンジェル > 婦人科系の病気 > 婦人科系の病気【月経前緊張症】

婦人科系の病気【月経前緊張症】

月経が始まる3日から10日前頃から、イライラ、怒りっぽい、頭痛や不眠、疲れやすさ、顔や手足などのむくみ、乳房や乳首の痛みなどが現れる。

また、胃腸の調子が悪くなったり、皮フのかゆみや、じんましんがでやすくなるなどもみられる。

これらの症状が月経が始まると消えてしまう。

上記のような症状がみられたら、月経前緊張症かも知れません。


月経は、約1ヶ月ごとに子宮内膜から起こる出血をいいます。その働きには、脳にある視床下部(ししょうかぶ)と下垂体前葉(かすいたいぜんよう)、各種のホルモン(とくに卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が関係しています。

月経前緊張症を含む月経前のさまざまな症状は、黄体ホルモンの分泌の微妙な変化により、ホルモンのバランスが崩れて起こると考えられています。その他、精神的な問題や体質、環境などの複雑な要因もあり、はっきりした原因はまだわかっていません。

ときには、子宮筋腫や子宮内膜症などが原因になっていることもあり、この場合には超音波断層法などの検査が必要になります。症状が強い場合は、婦人科を受診した方がよいでしょう。

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3