スタイリッシュ・エンジェル > 婦人科系の病気 > 子供を産む、産まないで変わる病気のリスク

子供を産む、産まないで変わる病気のリスク

どんどん下がる日本の出産率。1.2台にまで落ちてきているそうですが・・・

一般に、人口統計学者は、2.1のレベルが人口低下を防ぐのに必要である「置換率」と
言っています。

私も子供を産んでいないのでえらそうなことが言えません。

ところで子供を産む、産まないによってリスクが高くなる病気があることをご存知でしょうか?


子供を産まない人が子供を産んだ人よりリスクが高くなる病気

1.乳がん(これはご存知ですよね?)
2.子宮体がん
3.子宮内膜症
4.子宮筋腫
5.卵巣がん

子供を産んだ人が子供を産まない人よりリスクが高くなる病気
1.子宮頸がん
2.腹圧性尿失禁
3.子宮脱

詳細はAll About 女性の健康
産む、産まないで何が変わる?抑えておきたい病気特集 妊娠、出産で変わる病気のリスク
をご覧下さい。


つまり、いちがいには言えませんが、子供を産まない人の方がリスクが高くなる
病気が多いわけです。

やはり女性ですから、子供は産んだ方が良いのですね。

年々増え続けている乳がんなどは、特に自分で注意していれば早期に発見できる
がんです。

女性特有の病気をよく知っておき、日頃から注意して、身体がおかしいなと思ったら、
専門のお医者様に診てもらいましょう。

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3