スタイリッシュ・エンジェル > 婦人科系の病気 > 婦人科系の病気【子宮脱】

婦人科系の病気【子宮脱】

子宮を支える骨盤内の筋肉や靭帯が緩むことから起きる症状を子宮脱といいます。

40歳代後半から60歳代に多く見られ、出産回数の多い女性や、長時間にわたる立ち仕事、
下腹部に力の入る仕事に携わっている女性がなりやすい病気です。

膀胱脱(膀胱が腟からでること)、直腸脱(直腸が腟からでること)、小腸脱(腸が腟の中にさがってくること)も、子宮脱と一緒におこることがしばしばあります。

初期なら体操で対処できることもありますが、重症の方では手術になることもあります。

子宮脱はどんな症状?

腟外に脱出していない場合

 腟内に圧迫感や充満感がある 
 下腹部が引きつったようになったり、疼痛がある
 腰痛
 腹圧性尿失禁など
 
腟外に脱出している場合
 股間の腫瘤感
 脱出感
 排尿障害、排便障害
 出血
 帯下

上記のような症状があらわれたら、婦人科で診てもらいましょう。

ただし、子宮脱があるからといって、出産に問題はありあせん。
妊娠時に不快症状が増す場合があります。

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3