スタイリッシュ・エンジェル > 婦人科系の病気 > 婦人科系病気にも効果のあるイソフラボン

婦人科系病気にも効果のあるイソフラボン

イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。

また、骨においてカルシウムをサポートするはたらきがあります。

イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で、今のところ、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

大豆イソフラボンは、骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の女性疾患に対する有効素材として1991年に米国立がん研究所(NCI)が290万ドルの予算を計上して抗がん効果の研究に乗り出しています。また1996年にベルギーで開かれた『第2回大豆の成人病予防と治療に関する国際シンポジウム』では、イソフラボンがメインテーマと思えるほどイソフラボン関連の研究発表が相次ぎました。

このように欧米では、日本人の長寿、そして骨粗鬆症や更年期障害、乳がん等の発生率の低さの秘密を大豆イソフラボンだとして研究しています。

イソフラボンは大豆のほかに
葛の根やクローバー
などにも含まれてます。



イソフラボンにはこんな効果が!


●骨とイソフラボン

女性ホルモン不足の状態になると、骨を壊す作用のある破骨細胞が異常に働いて必要以上に骨を壊してしまいます。閉経後の女性に見られる骨粗鬆症はこのために起こります。イソフラボン配糖体はいわゆる植物性エストロゲン(女性ホルモン)で、女性ホルモンと同様の作用があり、破骨細胞が必要以上に骨を壊すことを抑制し骨粗鬆症を予防してくれます。もちろん骨を強くするには、カルシウムやビタミンK2などもバランス良く摂らなくてはいけません。


●更年期障害とイソフラボン

イソフラボンは女性ホルモン様物質です。更年期障害とは女性ホルモン不足の状態によっておこりますが、イソフラボンは女性ホルモン様物質であるために更年期障害を軽減させる効果があるといわれています。


●がんとイソフラボン

最近、イソフラボンが乳がんや前立腺がん等の予防にも効果があることが、疫学的な調査で明らかになってきています。特にイソフラボン配糖体のゲニスチンという物質に、腫瘍の生命維持に必要な血管新生を抑さえる効果があり、それにより腫瘍の増殖を抑制することがわかってきました。


●動脈硬化とイソフラボン

イソフラボンはいわゆる植物性エストロゲンで、これが抗動脈硬化作用に関係している可能性が浮かび上がってきました。カニクイザルを用いた動物実験ではイソフラボンを含む大豆蛋白食が悪玉のLDL+VLDLコレステロールを有意に低下させ、善玉のHDLコレステロールを有意に上昇させることを認め、これらの成分が動脈硬化リスクの軽減に働いているとの報告があります。

サイト内検索
管理人 なお



なお
札幌市在住 B型 女です。

ご質問等ございましたら、
こちらまで
お気軽にメール下さいね!
        
      
よろしければどうぞ。
My Yahoo!に追加

Add to Google

Subscribe with livedoor Reader
お探し物はコチラから↓
This website is powered by Movable Type 3.3